cholon展

cholon展のDMをお出ししたお客様やお渡ししたお客様から

「大好きなお店だったんです」

というお言葉を多数いただいております。

 

私もその一人。

 

もうず〜っと前のお話。

まだ、以前勤めていたアパレル会社でカフェの立ち上げの話があがって

そこをオープンの立ち上げから携わることになった少し前。

 

長年所属していたブランドから離れて、

新しいブランドの応援要員として、カフェの準備までお手伝いすることになったのです。

 

新しいお店はキャットストリートという遊歩道沿いにある路面店でした。

 

そこにたまたま立ち寄ってくれたのが、cholonの智子さんでした。

 

その後も立ち上げたカフェに寄って下さったり、

アパレル会社を退社し、

その後お世話になったジャム屋さんでも札幌のcholonに出張に行かせていただいたり、と

かれこれ15年くらいのお付き合いでしょうか。

 

ほんわかされた印象なのに、やりたいことは明確で行動派!

 

智子さんの作るものは彼女のお人柄そのものな気がします。

 

昨年、仕事を兼ねてうかがった札幌でお会いしたとき、

itonowa Lifeもちょうど移転する時期でもありました。

 

広いお店に移れたら、ぜひitonowa Lifeでイベントしてほしい!

という世間話が、この度実現することができるのです。

 

なんてうれしいことでしょう。

 

なので、いろいろな方から

「cholon展楽しみです〜」

「クローズされて寂しかった」

というお話を聞くたび、

そうでしょ、そうでしょ、私もです!と言いたくなります。

 

9/21、22はcholonの智子さんもお店に立ってくださいます!

ぜひ、皆様のお越しをお待ちしております

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

cholonは1997年にベトナム雑貨のお店としてオープンし、

札幌と東京でお店を続けてきました。

 

2014年に閉店しお休み中でしたが、

この春よりオンラインショップとしてものづくりを再開しました。

 

今回約5年ぶりに洋服や小物を作っています。

また作りたいと思ったのは定番のリネンのプリーツスカートやコットンのプルオーバーシャツ。

 

cholonは私自身がずっと好きなもの、長く着たいと思うものを形にしてきました。

 

以前よりもさらに着やすいよう少しだけ手直しして、

数種類のアイテムを製作中です。

 

「cholon(チョロン)」という店名は大好きなベトナムのチャイナタウンから付けた名前です。

 

アジアの旅が好きで、

タイやベトナムやミャンマー、台湾や香港などを旅して雑貨や素材を集めてきました。

 

持ち帰った素材を組み合わせてアクセサリーや小物を作っています。

 

イベントでは、その土地ならではの布や素材を使った小物もいろいろ並びます。

 

久しぶりのcholonの洋服や雑貨、みなさんに楽しんでもらえたら嬉しいです。

 

cholon 佐々木智子

   / pages   >>